2016年夏に読んだ本5冊|心から楽しいと思えることを見つける

dsc_0135

実家には、大地震がきたら間違いなく潰されるな、というほどの本があった。

小学生までは読書が嫌いでした。絵を描いたり眺めたり、歌って踊ったり、外で男子とやんちゃしてる子だった。
読書の楽しみを覚えたのは、たぶん『風と共に去りぬ』を読んだ頃からだと思う。

うちは貧しかったけど、本屋にはよく連れていってもらって、お願いしたら買ってくれました。
大体は図書館で借りてましたけどね。笑
今では本が無い生活は考えられない!デートは本屋でもいいくらい、好き。笑

今回は2016年夏に読んだ(読み返した)本を紹介する記事です(^^)/
夏の思い出に、京都の風景画像を盛り込んでお届けします。

 

『人生が輝く引きよせパワー』

dsc_0299

「引き寄せの法則」はスピ系の人なら知ってると思います。一時期、「ザ・シークレット」の本とDVDが売れましたよね。
何で検索したかは覚えてないですけど、奥平亜美衣さんのブログにたどり着いて、面白いなと感じました

「今」自分が感じていることが、目の前の「現実」「未来」を作り出しているのだ。
あ~しんどい、と思い続けてたら実際そうなる。めっちゃハッピーと感じていたら、物事がハッピーに動き出す。って感じです。

賛否両論、好き嫌いが激しいジャンルでしょうね。笑

色んな本が出てますが、自分は亜美衣さんの著書以外は読んだことのない、にわか引き寄せファン?です。
文章がわかりやすくて、あったかい。何度も同じことを繰り返して言ってるんですけど、読むたびにハッと気づかせてくれる。

読んでてとても心地良いです。望みが叶うかどうかは別としてね。

厳しいお言葉が響く人もいれば、大丈夫だよって認める言葉が必要な人もいます。
状況にもよるけど、後者のときは必ず亜美衣さんの本を開いていますね。お薬みたいなものだ。

あなたが、とにかく「自分のやりたいこと」に従って生きていると、自分から探さなくても仕事の話は向こうからやってくるのです。

 

苦しくて、嫌になってしまってやめてしまうようなものは、そこまでやりたいことではないので、これも、こだわらないようにしましょう。苦しくても、大変でも、なぜだかやってしまう、これが好きだし、やりたい!そう思えるものが必ずあります。

 

亜美衣さんの著書は結構出版されてまして、大半は持っています。
その中でも、『人生が輝く引き寄せパワー』は、

★やりたいことがわからない
★今の仕事が不満でしょうがない
★好きなことを仕事にしたい
★家族に悪くて望むことができない

そんな方にはぜひ読んでいただきたい、おススメの本です。

 

『その思い込みを捨てた瞬間、何かが起こる!「お金引き寄せ」の授業』

dsc_0302

これまた、奥平亜美衣さんの引き寄せ本。お金バージョンです。

★生活が苦しくて毎日お金のことで頭がいっぱい
★お金が欲しいと言葉にすることに抵抗がある
★お金を貯めるために必死で節約をしている
★お金のためにしている仕事から解放されたい

当てはまる方、絶対おススメ!

いかにお金に縛られて生きているかがわかる。お金に対する感じかた、付き合いかたを変えてしまう、目からウロコな内容ばかりです。

貯金をしてはいけないとうことでは決してありません。ただ、楽しみを削ってまで貯金をする必要はないということです。(中略)今を楽しんで幸せで前向きな人になれば、そこへ人が集まってきます。そして、仕事やチャンスというのは、そうした人のつながりからもたらされるのです。

 

お金があったらすべてが叶う、と思うかもしれません。しかし、逆なのです。あなたの望みが叶ったら、あなたがやりたいことを実現したら、お金が入ってくるのです。

 

亜美衣さんは、毎日満員電車に揺られ、お茶出しや好きでもない仕事をして、このまま人生が終わっていくのだろうと思いながら、暗黒のOL時代を過ごしていました。
それが、引き寄せの法則と出会ってから1年半で生活が一変。
コツコツ書いていたブログから作家に転身して、今では家族とバリ島へ引っ越し、好きな仕事をしてお金をいただける生活を送っています。

夢があるでしょ?笑
なんか文章にしてると胡散臭い話っぽくなって申し訳ないけど、読んで損はない本です。

 

『本音で生きる』一秒も後悔しない強い生き方

dsc_0132

堀江貴文さん。ホリエモンの著書です。
あまり知りもしない(知ろうともしない)のに、この方が好きじゃなかった。笑

本屋でなんとなく手にして目次を見た瞬間「あ!やべえ!おもろいやん!」とレジへ直行しました。

ホリエモン節でバッサバッサと正直な意見と提案を出して、本音で生きたい人の背中を押してくれてます。
伝えたい事を曖昧になどせず、ハッキリ言ってくれるから、気持ちが良い

でもやっぱり、「本音を言えない」「やりたいことができない」と考えている人って「キモッ」って思うところもある。言いたいことは言えばいいし、やりたかったらやればいい。本当にやりたかったり切羽詰まっていたりしたら、もう動いているはずなので、こんな本を読んでいる場合ではないだろう。

 

納得しなければやらない人もいるが、世の中はすごい勢いで前へ前へと進んでいる。「納得してから」という時間すらもったいない。一言でいうなら、「言い訳野郎は立ち去れ」ということだ。

 

伝えてくれていることはシンプルな内容。
この本を読んでも本音で動けない人は、たぶん一生今のままだろうな。

ホリエモンをまだ好きにはなれないけど、すごくスマートで面白い人だって今は思います。何様?
そして冷たそうに見えるけど、頼ってくる人を放っておけない優しさと熱さを秘めた人なんだろうな、と読んでて感じました。

文章はゴーストも入ってるかもだし、一応ユーチューブでお話ししている姿も見ました。やりたいことがあり過ぎて、時間が足りないくらいなお人。
人生を謳歌することで忙しいなんて、素敵ですよね。

苦手な人に近づいてみると、学びになるから面白い
嫌や!って避けるのも楽でいいけどさ、ぶつかってみるとその先に意外な発見や成長があるかもよ。

 

『スキン・コレクター』

大好きなミステリー小説のリンカーン・ライムシリーズ、第11作目です!
著者はジェフリー・ディーヴァー。

第1作目の『ボーン・コレクター』を読んでその魅力にはまりました。
映画公開もしています。デンゼル・ワシントンとアンジェリーナ・ジョリーが出演してて、もうハマリ役で興奮した。

 

科学捜査の天才リンカーン・ライムと、ライムのパートナーでニューヨーク市警刑事のアメリア・サックスが難事件を解決してく、本格派ジェットコースター級のミステリーです。

ライムはある事件で負傷し、四肢麻痺となります。
唯一動かせるのが、首から上と片手の一本の指のみ。
しかし、その頭脳が尋常じゃない。ライムの頭脳をサックスが行動でサポートしていくわけだが、二人は当然のごとく恋に落ちます。

登場人物たちが個性的。個性的なんだけど、人物多いし、内容が濃いから途中から誰だっけ?ってなる。復習が必要です。笑

好き嫌いはあるかも。
科学用語が多いし地理的要素も豊富で、とにかく本自体も内容も厚いのだ。良く言えば読み応え十分。悪く言えば難しくて疲れる。

わたしも最初は読んでて挫折しそうになりました。しかし、ある点に到達するとそっからは読まずにはおれない状態になります。やめられない止まらないの中毒

どんでん返しが何度もあります。ほんまに最後の最後まで気が抜けない。え?嘘!!の連続で、マジしんどい。

ライムは天才だけど、著者のディーヴァーもそれ以上なオタクな頭脳の持ち主です。少し分けてほしいぐらいやわ。

ほんまもんのミステリー好きなら、愛読書間違いなしのリンカーン・ライムシリーズです。
ちなみに『スキン・コレクター』はまだ読み始めです。今はハマるのが怖くて躊躇している。

さいごに

今年の夏は、ゆっくりと自身を休めることができました。出来る限りやりたいことをして、楽をして、挑戦をしました。
ずっと仕事で突っ走ってきたから、一旦止まって己の棚卸が必要な時期だったのでしょう。

自分が本当に好きなこと、やりたいことを言い訳などせずに体現されている方々は、強く人を惹きつけます。
なぜだろう?それは憧れるから。自分もそうなりたいから、ですよね。

 

母は文学とアートと音楽が好き。父は野球と音楽とビールが好き。
住んでた家の周りは多国籍だった。
子どもの頃の影響は大きいもんですね。両親が好きだったものは、今ではすべて好きだもの。

仕事で体を壊すほど忙しくしてしまって、自分が本当は何が好きで、何がしたいのかがわからなくなった
ずっとずーっと探し続けてたけど、答えは意外と簡単だったよ。
両親が好きだったものがソレ。

仕事になるか?稼げるのか?それを基準にすると、本音がわからなくなります。いつまでも違うな、と感じる道を迷走しちゃう。

やりたいことがわからないなら、本気で知りたいなら、思いっきり休んだ方がいい。とことん自堕落生活をしたらいい。
自分がどんな人間か、何が好きで何が嫌いなのか、これだけはいつの間にかやっていた、ってことがわかります。

わたしは本の中に自分自身を取り戻すヒントを見つけてきたな、と思い出しました。
そして大好きな読書を、いや読書だけじゃない、文化的な生活が豊かな人生を創ってくれることを教えてくれた両親に感謝しています。

ABOUTこの記事をかいた人

リリー

棚から牡丹餅が好きな管理人リリーと桜文鳥の、自由で豊かな生活(を目指す)ブログです。 好奇心旺盛(飽き性)で細かいことが苦手なため、雑多なブログですが、ゆる~く愛を込めて記事は書いていきます。何かヒントになれれば嬉しいです(^^)v 「30代~40代働く女性のためのパワフルビューティコーチング」のコーチもしておりますので、ご希望の方はお申込みフォームからお願いします♪