飽きっぽい性格はマイナスなのか?やりたいことが多い人は今必要かどうかを取捨選択できる

book-15584_640

先に宣言しておきます。わたしは飽き性です。

そう聞いてどう感じましたか?

「そうなんだ?いいんじゃない。あなたがそれでよければ」
「え?そうなんだ。何事も続かないんじゃダメだよね」

 わたしは後者が多いと予想します。笑

続けることの美学。続かない人はなぜダメなのか

adult-15814_640

この道一筋●●年。結婚して●●年。定年まで勤め上げた。

率直に素晴らしいと思います。一つの事を続けていくパワーは並大抵ではないはず。
「本当に好奇心がある人間とは、同じことを繰り返す日常に新しい発見を見いだせる人だ」
みたいな名言をどこかで聞いた時は衝撃でした。誰のお言葉だったか思い出せなくてすみません。

長年続いているという事実・響きには、信頼と安心感を与えます。この会社なら、この人ならきっと大丈夫だと。
「安定」ワードで心を掴まれる人は多いでしょう。

ちょっと意地悪な見方をすると、
「自分を裏切らない」から安心
「世間体をちゃんと考えてて常識もあるし、そっちを選べば自分もそう思われるやん」という信頼
自己中心的な考えとも言えなくはない。

仕事が1年続かない。スピード離婚、付き合う相手がいつも違う。毎回違う趣味を始めている。

安心感がない
ネタとしては面白いかもしれないけど、ちょっと・・・ね?みたいな空気です。
科学的、社会学的にどうかはわかりませんが、わたしは育った環境や教育、付き合う人たち、メディアによって作り上げられた思い込みだと思ってます。

 要は続けることが性分にあってるのか、続けられないことは置いといて新たなチャレンジを好むのか、その選択を自分に偽りなく自然とする
それだけのこと。どちらかを選べば必ず「望む結果」に繋がるというわけじゃない。

良いとか悪いとかの問題じゃないと思うのだが、どうだろう?

 転職を繰り返す人材への警戒心

転職に対しては敏感な会社も多くあります。
「続かないということは何か問題がある人かもしれない」と捉える傾向があります。
(とにかく人が欲しいからと全くそこに触れない離職率の高い会社もありますが)

わたしも人事は経験してますから、そう捉える事も完全に間違っているとは思いません。
実際に「人との付き合いが面倒だから」「思ったよりしんどい仕事だから」などと責任感なしで簡単に辞める人もいますからね。
又、コミュニケーション力が低くて和を乱しまくるケースもあります。チームワーク重視の仕事だと致命的ですね。
それじゃ、雇う側も困りますし慎重になるのも当然です

しかし、中にはセクハラ・パワハラを受けながらも歯を食いしばって働いたがこのままではよくない!と新天地を求める決断をした人もいるでしょう。

正当な業務評価をされずにモチベーションが下がり続けた結果、自分の能力をもっと発揮できる場で活躍しようと思い切った人もいるかもしれない。

本当にやりたい事がみつかり、それが出来る会社を見つけ出した人もいるはず。

女性は管理職にしないと宣言されて、じゃあ目指せるところに行こうと考え直した人もいるでしょう。(コレは私)

「なぜ前職を辞めたのですか?」

この質問にマイナス面を探し出そうと感じるのは私だけではないはず。
その人の本音をしっかり聞き出そうとしているでしょうか?というか、その人を見ようとしてるのかが疑問です。

「当社で何がしたいか?何が出来ると思うか?どこに楽しみを感じられそうか?あなたにとって転職の意味は?」

私自身で雇うことがあればぜひ聞いてみたい
人事は会社の成長に繋がる人材が必要なはず。過去は過去。お決まりの転職に有利なフレーズを無理に言わせて意味があるのか。
続けさせて欲しいと思わせる自信があるなら、質問の比重は過去より今にあるのでは?

海外ではキャリアアップの転職は当たり前。
自分のやりたいことを見つ
けてスキルを磨いたなら、相応の報酬をもらえる場へ移ることに対して特に嫌がられることでもない
例え次が見つからずに我慢をしたとしても、夢を叶えるための「修行・試練」の通過点として捉える。
また、自分に合わないことをしているのは会社にとっても自分にとっても有益でない、時間の無駄であるために辞める決断も早い。

続けるにしても、すぐ辞めてしまうとしても、互いの成長がなければ意味がないのかもしれない。

 

 続かないではなく続けないのだ

飽き性を宣言したわたしですが、文章を書くことは続いています。
ワードプレスで本格的に始めるまではアメブロをしていました。約1年、なんだかんだと記事をアップしています。
1年、人によっては短くもあり長くもあるでしょうが、わたしには間違いなく超長いです。奇跡です。

「3」とう数字が山場になるという話があります。
3日続いたら次は3週間、その次は3カ月、そんで3年間・・・
大抵
3カ月続いたら習慣化するそうです。もうやらなかったら気持ちが悪い、みたいな感じですね。

なぜ続いているのか?
好きだから。そして今の私に必要だから。たぶんそうだと思います。
かつて私自身が思い悩んだ状況にいる人たちや、もっと楽しく生きたいな~と楽しみに貪欲な人たちにわたしの想いや伝えたいことを表現する手段の一つがブログなのです。

あと植物とペットのお世話。これも続いています。
私の人生を豊かにする大切なことだからです。

自分が価値を見出せば続きます。原動力があれば続けます。
辞めてしまうのはそれよりも今の自分に必要なモノが見つかったからです。
完全に辞めてしまうこともあるけど、好きで始めたことは一旦ストップしてもまた始めたりするものです。

物事にはベストなタイミングがある。
だから好奇心が旺盛で自分の人生に集中している人は「好き」へのアンテナ受信が早いし、持ち前の直観力で即行動
周りを驚かせたり呆れさせたりするんですね。

自分に合うかどうかで決めればいい

飽きっぽい人が良いのだ!みたいな話になりましたけど、飽きっぽくても良いのだ!が正確に伝えたかったことです。
先にも言いましたが、どれが良いとか悪いじゃない。
続けられる人も、続かない人もどっちも必要なんです。否定するより互いに受け入れるほうが平和だし、気分も悪くない。
本当に嫌なら究極、気乗りしないことはやらなきゃいいし、嫌なやつとは付き合わなければいい。笑

自分に正直でありましょう。

自分の選択に自信があれば他人がどうであろうが気にすることはないはずです。

そしてあなたが選択したことに間違いなんてありませんよ!
全てはうまくいくようになってますから(^^)/

ABOUTこの記事をかいた人

リリー

棚から牡丹餅が好きな管理人リリーと桜文鳥の、自由で豊かな生活(を目指す)ブログです。 好奇心旺盛(飽き性)で細かいことが苦手なため、雑多なブログですが、ゆる~く愛を込めて記事は書いていきます。何かヒントになれれば嬉しいです(^^)v 「30代~40代働く女性のためのパワフルビューティコーチング」のコーチもしておりますので、ご希望の方はお申込みフォームからお願いします♪