ボブ・ディランの魅力と影響力|ノーベル文学賞受賞者はマイペースでユニークなロッカー

bob-dylan-63158_640

巷ではボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞したことが大きな話題となっています。

わたしも正直驚きはしましたが、実は1997年以降、ボブ・ディランは毎年ノーベル文学賞の候補にあがっています。

 

今年も受賞を逃した村上春樹さんのファンからすると「なんでミュージシャンなの?ボブ・ディランって何者?」ってな感じだったんじゃないかな。

分かります、その気持ち。

ただディランは、世界的な視野でみると村上春樹さんより有名で影響力が強い。ディランは賭け屋の間では、毎年上位にランクされていたらしいです。

それでは、ボブ・ディランってどれくらいすごい人かってことについてお話ししていきましょう!

 

ボブ・ディランって?

ボブ・ディランのデビューは、ビートルズと同じ1962年です。

皆さんご存知の通り、ビートルズはロック・ポピュラー路線を突き進んで、世界一のアイドルグループとしてのし上がっていきます。

一方ディランはヒットを目指すというよりも、社会や人生についてのメッセージソングを書き続けました。
当時は人種差別やベトナム戦争などが大きな社会問題として横たわっていたので、ディランの歌は世界中の学生をはじめ、多くの人達に感銘と影響を与えました。

アコースティックギターとハーモニカを肩からぶら下げ、たった一人で人生の悲哀を淡々と歌う(歌うというか語るかな?)ディランの姿を想像してみて下さい。

めっちゃクールですよね!

ディランに心酔していた人達は、ビートルズやビートルズに悲鳴をあげるビートルズマニアたちを「お子ちゃま」扱いしていたようです。
この時のディランの歌は、聴くものにとってはホントに神聖なものだったんでしょう。でも、実際ディランの作る歌詞のレベルはとても高いです。

ダブル・ミーニングだったり、トリプル・ミーニングだったり。とにかくレトリックを駆使した表現が多く、文学的・詩的であるわけです。
まあそれが今回のノーベル文学賞受賞につながったのすが。

 

ボブ・ディランの影響力

大衆やミュージシャン達に与えたボブ・ディランの影響力は計り知れません!!!
ディランほどミュージシャンに影響を与えた人はいないんじゃないかなぁ。

ディランの場合、ディランに影響を受けた人達がディランを有名にしていった経緯があります。

そもそもボブ・ディランの名前が知られるようになったのは、ピーター・ポール・アンド・マリーが1963年に「風に吹かれて」をヒットさせたのがきっかけです。


また1960年代を代表するフォーク歌手ジョーン・バエズが、フォークイベントや自らのライヴでディランの作品を積極的に取り上げていったこともディランの名前を広げた大きな要因になったでしょう。1965年には、バーズが「ミスター・タンブリン・マン」を全米・全英1位にしています
また1967年には、ジミ・ヘンドリックスが「見張り塔からずっと」をヒットさせています(全米5位)

ディランの魅力を世に知らしめたのは、ディラン本人ではなく、ディランの影響を受けた多くのミュージシャンだったんです。

これってすごいことだと思いません?
それほどディランとディランの音楽には、人を惹きつける魅力があるということですよね。

1992年に行われたトリビュート・コンサート『ボブ・ディラン30周年記念コンサート』では、スティービー・ワンダー、ニール・ヤング、エリック・クラプトン、ジョージ・ハリスン等々、多くのロックミュージシャンが集いました。

ジョン・レノンは、生前ビートルズ時代の曲「ヤー・ブルース」やソロになってからの曲「ゴッド」にディランの名前を入れています。そして、めちゃめちゃ影響を受けたとも公言しています。

エリック・クラプトン、アヴリル・ラヴィーン、ガンズ・アンド・ローゼズなどのロック系のミュージシャンが「天国への扉」をカバーしていたのも記憶に新しいところです。


日本でも吉田拓郎をはじめ、1970年代のフォーク系や1980年代のニューミュージック系の人たちは、大きな影響を受けてる人たちがたくさんいます。
1972年にヒットしたガロの「学生街の喫茶店」知ってます?
“♪学生で にぎやかな この店の 片隅で 聞いていた ボブ・ディラン ♪”わたしも生まれてないけどね。笑
影響力がワールドワイドで凄まじいですわ。

 

画家としてのディラン

ボブ・ディランという人。音楽以外にも芸術的な才能を発揮しています。

画家としてのディランについてお話してみましょう。

みなさんはもともとはディランのバック・バンドだった、ザ・バンドというグループ知ってますか?

ザ・バンドは結構有名なバンドで、エリック・クラプトンなんかは「ザ・バンドのメンバーになりたかった」なんて冗談とも本気ともとれないことを言ってます。
おまけに「僕に目指すべき音楽を示唆したのは、ザ・バンドの『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』(1968年)だ。このアルバムから大きな影響を受けた」とまで言ってるんです。

このザ・バンドの代表作『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』のジャケットの絵を描いたのがボブ・ディランなんです。

 

自らのアルバム『セルフ・ポートレイト』(1970年)のジャケットの絵も手掛けています。
1994年には画集『Drawn Blank』を出版し、2007年には絵画展を開催。

 

 

『ドローン・ブランク』以降は毎年、新作絵画展を開いているのです。もうこうなってくると、画家ですよね。

ただ『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』のジャケットの絵は、何というか、子どもが描いたような感じ?笑
どう思います?

 

ボブ・ディランの底力

私がボブ・ディランをすごいと思うのは、今も音楽業界の第一線で活躍しているということです。

ディランはビートルズやストーンズと同様、1960年代のミュージシャンですよ。同年代のミュージシャンは活躍どころかもう死んでしまっている人だっています。それなのに!

確かに80年代はパッとしなかったけど、1997年の『タイム・アウト・オブ・マインド』では、グラミー賞年間最優秀アルバム賞を受賞しています。

2001年の『ラブ・アンド・セフト』が、アメリカのアルバム・チャート5位。
2006年の『モダン・タイムズ』は、見事1位!

2009年の『トゥギャザー・スルー・ライフ』も1位!
同年『クリスマス・イン・ザ・ハート』が23位。

最新作2012年の『テンペスト』が3位です!

まじで「どんだけ~~~っ」て感じですよ。笑
ポール・マッカートニーは別格だと思っていたけど、ディランもすごい!ポールに匹敵するよね。

 

ディランのアルバムから1枚と言えば?

ロックをこよなく愛するわたくしとしましては、1974年発売の『Befor The Flood(偉大なる復活)』(以下、偉大なる復活)が一押しです!!!

1965年、ディランがフォークの祭典「ニューポート」にエレキ・ギターを持って登場した時、裏切り者(フォークを裏切ってロックへ移った者)として大ブーイングを受けた話は結構有名ですが、この「偉大なる復活」は、ディランの作品の中では一番ロック色の強いアルバムです。

このアルバムはライブアルバムですが、ライブの臨場感が一層ロック色を強めています。ロッカーなボブ・ディランの歌が聴けます。必聴盤です!私の友人にディラン大好き人間がいるのですが、その友人曰く「ディランという人は、気分がのっている時とそうでない時の差が大きい。気分がのっていない時のディランはとてもしょぼい歌い方をするが、のっている時のディランは気合い入りまくりの素晴らしいボーカルを披露してくれる」

またこうも言っています。
「公式アルバムの中で一番気合いが入っているのが『偉大なる復活』。このアルバムのディランはとにかく素晴らしい」

私もまったく同感です。全曲スタジオ・バージョンを超えていますから!

そんな中から次に、特に素晴らしいハイライト曲を挙げていきますね。

アコースティック・ギターとハーモニカだけのアコースティックタイムでは、代表曲でもある
「DON‘t Think Twice, It’s All Riht」
「Just Like A Woman」

が最高です。スタジオ・バージョンと気合いの入り方が全然違います。

バンドバージョンでは、代表曲中の代表曲
「Knock‘n On Heaven’s Door」
「Like A Rolling stone」

が秀逸です!特に「Like A Rolling stone」では、シャウトするロックン・ローラーとしてのディランの歌が聴けます。
ボリュームを上げて聴いていると思わずこぶしを突き上げてしまうくらい。笑

「Knock‘n On Heaven’s Door」は、スタジオバージョンでは2番しか歌詞がないのに、新しい歌詞を付け加えて3番まで歌っている
気分がのってアドリブで歌詞を付け加えたんでしょうね。ディランならやりかねません。でもその歌がまたいいのだ!

このアルバムの注意点?は、アナログ盤では2枚組ですが、1枚目のB面全部と3枚目のA面半分にはディランは登場しないということ

バックを務めるザ・バンドの歌と演奏のみになります。
ザ・バンドは、もともとザ・ホークスというディランのバックを務めていたバンドですが、後に独立してザ・バンドと名乗るようになりました。

でもさきほども触れたように、このザ・バンドは知る人ぞ知るロック史に残るバンド!
クラプトンに「ザ・バンドに入りたかった」と言わしめたくらいのね。代表作『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』はロック史に残る名盤としてよく知られています。クラプトンは、このアルバムの影響から音楽性を変えたとまで言っています。

『偉大なる復活』の中では「ザ・ウェイト」が聴きどころですね。

さあみなさん!
『偉大なる復活』を聴いてディランの曲(歌詞)とボーカルに酔いしれましょう!ちょっとボリュームを上げてね。

だって『偉大なる復活』は、ロック・アルバムですから!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

リリー

棚から牡丹餅が好きな管理人リリーと桜文鳥の、自由で豊かな生活(を目指す)ブログです。 好奇心旺盛(飽き性)で細かいことが苦手なため、雑多なブログですが、ゆる~く愛を込めて記事は書いていきます。何かヒントになれれば嬉しいです(^^)v 「30代~40代働く女性のためのパワフルビューティコーチング」のコーチもしておりますので、ご希望の方はお申込みフォームからお願いします♪