アラフォー女性のヘアケア事情。今からでも遅くない!実践すべき5つの方法

d806bc5d80c944c6e151f8d166cc0be3_s

20代の頃に比べて髪質が確実に変化していると感じませんか?
感じているあなた!今からでも対策すれば大丈夫です。
仕方ないや~と諦めているあなた!どちらかというと綺麗な方がいいでしょ?笑

  • ハリ、コシがなくなってきた
  • キューティクルがない
  • 乾燥してパッサパサ
  • 枝毛、切れ毛が増えた
  • 白髪が増えた

これらが悩みとして多く挙げられます。
対策は簡単なことばかりなので、早速今日から始めてましょう!

今やるかやらないかで、3年後、5年後と差が付きます

1fd2a3154da0342480feb9e658f22da6_s

同じ年齢なのにすごく老けた人と若々しい人との違いってどこで判断しますか?
肌質、しわ、中年太りなどもありますけど、パッとみてすぐわかるのは「髪質」です。

手入れをしていない髪はもう老け感満載。不潔にすら見えてしまう哀しさ。
たまにパッサパサの髪を無造作に結んだり、編み込んだりしている方をお見掛けしますけど
ごめんなさい。反面教師にしています。
人は外見だけじゃないですよ?きっと中身は魅力的な人かもしれない。
でもね、「人は見た目が9割」って言われるのも最近腑に落ち始めています。

女性の美しさは年を重ねるたび、人生のステージが変わるたびに、その人にしか出せない異なった輝きを放ちます。
その内面の輝きを、ただのおばちゃんという姿によって半減させてしまっては勿体ない
エステなどでお金をかけろということじゃないです。
日頃の生活で意識するかしないか、出来ることを取り入れるフットワークの軽さがあるかだけです。

全部白髪になっても素敵な雰囲気を漂わせているマダムをたまに見かけませんか?
その方はきっと丁寧に生活しているんだろうな~と想像できます。
そう、丁寧に生きる。これからはそのマインドって大事だと思うんです。
今から始めれば、3年後、5年後、10年後の自分に間違いなく美しさでかえってきます。

ただの白髪じゃない。きちんと手入れの行き届いた髪1本1本に人生経験が凝縮されているような・・・
そんな魅力的な女性が増えれば日本の未来は明るくなる!と、個人的に楽しみにしています。笑

 

ヘアケア対策ベスト5! (結論に至った理由)

すぐには変わらないけど、髪の毛にもサイクルがあります。なので、今の状態が悲惨でも諦めないで!次に生えてくる髪を元気にすることはできます。

  1. 汚れをしっかり落としたあとの頭皮ケアまでする
  2. ドライヤーは正しい方法で行う
  3. 過度なダイエットはNG
  4. ストレスをためない
  5. バランスの良い食事を摂る

これが対策ベスト5!拍子抜けしました?とても簡単でお金もほとんどかからないです。
では少し補足をしていきますね。

1.汚れをしっかり落とす。これは基本です。ここで間違いなのは「髪の毛」の汚れだけ落として「頭皮」は洗っていない点です。
頭皮に汚れがたまったままでは毛根に影響します。次生えてくる髪の毛が不健康になってしまう。
ですから髪を洗う際は、まず頭皮をマッサージするようにして柔らかくする。汚れを浮かしてからシャンプーをするとしっかり落ちます。又、洗う順番は下から上へが基本です。これはたるみ防止につながります!頭皮は顔や首の皮膚と繋がっているので、しわやたるみの大きな要因は頭皮が下がってることです。
頭皮マッサージは薄毛や抜け毛防止にも効果があります!
日頃のシャンプーの仕方で若々しさを保てるのです。一石二鳥ですね(^^♪

2.自然乾燥が良いという説もありますが、美容師さんに聞いたところそれはNGだそうです。
濡れたままの髪を長い時間放っておくと頭皮に雑菌がわいたり痛むんですって!
タオルドライは頭皮を乾かす感じで、髪の毛をゴシゴシしてはいけません!大切なキューティクルが剥がれます。
ドライヤーはまず頭皮中心に。同じ個所に長時間あてないこと。乾燥しすぎるとフケの原因になりますから。

3.不健康なダイエットもNG。髪の老化は女性ホルモンの減少、男性ホルモンの増加が要因
過度なダイエットは女性ホルモンを減らす一方でしかない。髪が栄養不足になり成長しません。
痩せたいのなら食べるべきものを食べて、適度な運動と睡眠をとる。無茶はしてはいけません。

4.ストレスは万病の元ですね。本当にどこにでも出てくるやっかいな奴だ。笑
これは説明不要でしょう。ストレスのダメージは髪にもくると覚えておきましょう。

5.たんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂る。たんぱく質が足りないと髪が細くなるし、白髪も増えます
卵・青魚(ビタミンやミネラルも摂れるよ!)・トマト・ヨーグルト・くるみ・海藻・かき・にんじん・ブルーベリーなどを積極的に食べると良いです。
女性ホルモン増加には豆腐や納豆などの豆類も効果的。

 

番外編

f28d7d04e930d51f7c993ded57d663fc_s

  • 毎日洗わない(ドライシャンプー使用)
  • オリーブオイルを髪に少量馴染ませてからドライヤー
  • 帽子を被る、傘を差すなどして頭皮も紫外線対策をしてダメージ防止

海外の人って毎日は髪を洗わないとよく聞きます。
洗いすぎないほうがしっとりとして良いとのことですが、日本は高温多湿ですから一概に言えないかも。
皮脂が詰まっちゃうのは良くないし。まあ過剰に洗いすぎなければいいでしょう
皮脂を落としすぎても乾燥でフケが増えるし・・・あまり過敏になり過ぎずに各々の適度で行えばいいと思います。

意外と見逃しがちなのが頭皮の日焼け。これも老化に繋がるので、年中意識したほうがベストです!

パーマやカラーリングもできれば避けたい。髪やせの原因になります。

 

まとめ

どうでしたか?ちょっと意識すれば簡単に取り入れられることばかりでしたね!

加齢とともに外見の若さは失われていきます。これは仕方のないことです。
それをネガティブにとらえる必要は全くないでしょう。

丁寧に自分の体をメンテしてあげれば、老化の速さは遅められます
ただ老いるのではなく、美しく老いの過程を楽しみましょう!

それが出来る時代にわたしたち女性は生きてますから(^_-)-☆

ABOUTこの記事をかいた人

リリー

棚から牡丹餅が好きな管理人リリーと桜文鳥の、自由で豊かな生活(を目指す)ブログです。 好奇心旺盛(飽き性)で細かいことが苦手なため、雑多なブログですが、ゆる~く愛を込めて記事は書いていきます。何かヒントになれれば嬉しいです(^^)v 「30代~40代働く女性のためのパワフルビューティコーチング」のコーチもしておりますので、ご希望の方はお申込みフォームからお願いします♪