地蔵盆とは?ー夏休みの終わりを告げる京都の風情

500110a4e5da01ac248e4f78ec975828_s

地蔵盆とは主に近畿地方を中心に行われる夏の風物詩の一つです。

この記事では地蔵盆にあまり馴染みのない地域の方のために、京都を中心にご説明します!

地蔵盆とはなんだ?

a0731_000423

地蔵盆は簡単に言うと、子どもが主役のお盆です。

京都が発祥で、子どもたちの守り神としてお地蔵さんが信仰されたのは平安時代から、室町時代に大流行したと言われています。
地蔵盆は今ではユネスコの無形文化遺産、日本の民俗文化財にもなっています。

町内の道端や路地に小さな祠があって、その中に赤いよだれかけをしたお地蔵さんがいはります。普段はひっそりと目立たないお地蔵さんは、いつも子供たちを見守り続けてくれてるのです。
京都にいらしたら意識的に探してみてください。

お地蔵さんへの日頃の感謝と、これからも子どもたちをよろしくね!という祈りをこめて地域ごとに小さな祭りをします。道を歩いてると偶然遭遇して気づくくらいの地味な行事ですが、そこが派手過ぎを好まない京都人らしい趣を感じさせます。

これが地蔵盆です。

 

地蔵盆の時期

DSC_0215

一般的に8月の23日、24日に行われます。

子どもが少なく大人も忙しいので、皆の日程を調整するのが難しくなっていますから、最近ではその前後の土日に催す町内も増えています。
また本来は2日間の行事ですが、1日で終わらせるところも多いです。
この日に絶対しなければならないと決まってはいないのですね。

当日の午前中からテントを張りだして準備を始めます。そして夕方から夜にかけて地蔵盆が始まります。

お地蔵さんのいる道路で行いますので、通行止めされている場合がありますからお車のかたは注意が必要な時期ですよ。

 

地蔵盆ではなにをするのか?

MOK_oketohisyaku_TP_V

まずお地蔵さんと祠を清めます。

そしてお地蔵さんに化粧をしたり新しいお召し物で着飾って、お花とお供え物と提灯で賑やかにします。生まれた子どもの名前を入れた提灯を飾る地域もありますね。男の子は白、女の子は赤が一般的。

お供えしたご馳走とお菓子は子どもたちに配られます。
時々お菓子が足りなくて、コンビニで買い足している大人たちを見かけます。
現代らしい。笑

宗教的行事を重視してお坊さんの読経を行うところもあります。

久しぶりに会うおじいちゃんおばあちゃん、親戚やご近所さん、お友達らと話に花が咲いて大人にとっても貴重なコミュニケーションの場にもなりますよ。

花火やゲーム、福引など子ども向けのイベントもあります。地域ごとに特徴があって面白いので、各町内を自転車などで回る強者な子もいる!笑

お地蔵さんは、大人と子どもが自分の前に集まって楽しんでいる様子を見て、きっと喜んでいることでしょう。これからもこの子たちを守ってあげようと微笑んでいらっしゃるに違いない!

 

さいごに

DSC_0217

時代の流れと共に簡素化していく地蔵盆。

それはそれでいいのではないかとも思う。

日頃忘れがちなお地蔵さんへの感謝、すくすくと育っていく子供たちの大切さ、付き合いの薄い大人同士が話せるきっかけの場として、年に一度の「イベント」で形を変えても残ればいい。

地域の伝統と歴史を子どもに伝えるには楽しくて良い機会ともなりますしね。

地蔵盆が来ると「あ~夏休みが終わる」と、子どもたちは残念な気持ちに、大人はちょっとほっとする気持ちになりながら、京都の暑い夏が終わりを迎えるのです。

祇園祭とは全く違った、趣のある地蔵盆もなかなか素敵なものですよ!
提灯、ろうそくのゆらめきが幻想的で言葉に表せないですが、不思議な感覚に包まれます。

機会があればぜひ覗いてみてくださいね(^_-)-☆

ABOUTこの記事をかいた人

リリー

棚から牡丹餅が好きな管理人リリーと桜文鳥の、自由で豊かな生活(を目指す)ブログです。 好奇心旺盛(飽き性)で細かいことが苦手なため、雑多なブログですが、ゆる~く愛を込めて記事は書いていきます。何かヒントになれれば嬉しいです(^^)v 「30代~40代働く女性のためのパワフルビューティコーチング」のコーチもしておりますので、ご希望の方はお申込みフォームからお願いします♪